会社法296条(株主総会の招集)を解説します。




会社法296条は株主総会の招集について規定している条文です。

1.会社法296条の条文

第296条(株主総会の招集)
定時株主総会は、毎事業年度の終了後一定の時期に招集しなければならない。
株主総会は、必要がある場合には、いつでも、招集することができる。
株主総会は、次条第4項の規定により招集する場合を除き、取締役が招集する。

2.会社法296条について


条文は短いので全体をまとめます。

1項は定時株主総会についてで、2項はそれ以外の臨時株主総会のことを指しています。

定時株主総会は事業年度終了後に開催する義務があり、上場企業は定款に「当会社の定時株主総会は、毎事業年度終了後3ヶ月以内に招集し、臨時株主総会 は、必要がある場合に招集する。」といった定めを設けています。

原則は取締役によって株主総会の招集が行われますが、会社法297条4項で株主による招集が認められています。詳しくはこちらをご参照ください。

本サイトの内容に誤りがあった場合等、本サイトのご利用に際してご利用者様と第三者との間のトラブルが生じた場合であっても、サイト管理人は一切責任を負いかねます。
Copyright (C) 2017 定款目的ナビ All Rights Reserved.

条文・用語一覧