会社法121条(株主名簿)を解説します。




会社法121条は株主名簿について規定している条文です。



1.会社法121条の条文

第121条(株主名簿)
株式会社は、株主名簿を作成し、これに次に掲げる事項(以下「株主名簿記載事項」という。)を記載し、又は記録しなければならない。
株主の氏名又は名称及び住所
前号の株主の有する株式の数(種類株式発行会社にあっては、株式の種類及び種類ごとの数)
第一号の株主が株式を取得した日
株式会社が株券発行会社である場合には、第二号の株式(株券が発行されているものに限る。)に係る株券の番号

2.会社法121条1項


株式会社であれば株主名簿を備え置くことは義務になっています。

実務上、株主名簿がメンテナンスされておらず、3号の「株主が株式を取得した日」が不確実である場合が多く見受けられます。

VC等、第三者の目から見ても、株主名簿がメンテナンスされていないと、マイナスのイメージを持たれがちなので、募集株式の発行をした時、株式譲渡があった時、株式分割をした時など忘れずにメンテナンスをしておくことをおすすめします。

株主名簿の記載事項の記憶方法としては、会社側から株主を把握するために必要な事項を、常識レベルで考えられればスラスラ出てくると思います。




 広告・関連記事 

条文・用語一覧

< 前の条文

次の条文 >